免税店の実務に必要な商品の紹介


あなたのお店が免税店になったあと、あると便利な免税店の実務に使えるアイテムをご紹介します。

輸免スタンプ

パスポートと購入記録票の割り印に押すスタンプです。

購入記録票へのパスポートの割り印

こんなのとかだと安いです。500-600円程度

商品の詳細

シャチハタ式ですと1500-1800円くらい。

商品の詳細商品の詳細商品の詳細

消耗品用の販売袋

消耗品は、以下の条件を満たす事が必要です。

・プラスチック製であり、出国までに破損しない十分な強度を有すること
※農産物の鮮度維持のために必要な大きさの穴を開けることは可。
・無色透明又はほとんど無色透明であり、内容物の品名や個数が確認できる
こと(確認出来ない場合は内容物の品名及び品名ごとの数量を記載又は記
載した書面を添付)
・開封した場合に開封したことが分かるシールで封印すること
・出国まで開封しないこと等を日本語及び外国語で注意喚起すること

これらは便利にもそれらの条件を満たす袋です。

こちらは、ナント、開封したことが分かるシール付きです。
※商品購入後に袋を開けると「OPEN VOID」の文字が出る

販売袋Mサイズ(50枚入)

消耗品包装用の販売袋Lサイズ(50枚入)

開封したことが分かる封印シール

シールタイプとガムテームタイプがあります。

シールタイプは200枚で600-800円くらい

商品の詳細商品の詳細商品の詳細

ガムテタイプは200枚で1600-1800円くらい

免税店消耗品梱包用セキュリティテープ開封禁止テープ 20mm×50M巻 シルバー 1巻入開封防止テープ 50mm×50M巻 青 1巻入
免税のぼり旗

免税店アピールができるのぼりです。やはり遠くから外国人観光客を捕まえるにはマスト商品だと思います。

1200円からから2500円程度です。

商品の詳細商品の詳細商品の詳細商品の詳細

いかがでしたでしょうか。

実務が便利になるのは必要経費だと思ってアナタは集客や外国人対応のレベルを上げることで売上アップを目指すことに力を入れても良いかもしれません。

関連記事

  1. 輸出物品販売場制度とはどんな制度なのかどこよりも詳しく説明
  2. 免税店のロゴ(シンボルマーク)を使うには?
  3. 免税用商品の包装はどうすれば良いかという疑問を一発解消
  4. 免税店の許可申請手続きはこれだけおさえれば大丈夫
  5. 免税店になるのはとても簡単。これだけをすれば良い。
  6. 免税店申請の費用はいくら? 免税店登録の申請にかかる費用について計算してみました
  7. 免税店の許可要件とは? 免税店になるための許可要件はこれだけ
  8. 8ステップ 免税店手続き 免税手続き8ステップで免税手続きマスターへ!

カテゴリー

公式SNS

免税店申請の専門家サイト公式twitter 免税店申請の専門家サイト公式フェイスブック
PAGE TOP